先頭へ戻る

交通アクセス

お知らせ

高校3年生が国際赤十字・赤新月社連盟特別講演会に参加しました

2017年10月07日

国際赤十字・赤新月社連盟事務総長 エルハジ・アマドゥ・シィ氏特別講演会
『「苦しんでいる人を救いたい」という思いが国境を越えるとき』
に、 明治学院大学に進学を希望している高校3年生を中心に30名が参加させていただきました。

これまで、バングラデシュ、シリアなどなど世界各地で苦しんでいる人々の力となってきた連盟の仕事を紹介してくださいました。講演のなかで、また質問に答えて繰り返した、「人道支援ができること、他者のために何かすることができるのは、特権(privilege)です。」という言葉が印象に残りました。フロアからの質問に答えて、シィ氏がこういう人道支援の仕事についた原体験が、ワクチンを打ってくれるためにセネガルに派遣されていたユニセフと大書してあった車だったことなど、若い世代に届くわかりやすいお話を伺うことができました。本校、高校生2名もマイクをもって質問をするチャンスをいただきました。シィ氏だけでなく、連盟会長の近衛氏や勝俣名誉教授のお話もきくことができ、参加した生徒たちにとって貴重な時間となりました。

一覧に戻る