先頭へ戻る

交通アクセス

お知らせ

6月特別プログラム(修養会)を行いました

2018年07月12日

 

本校では毎年6月に特別プログラムとして、5つの学年が宿泊行事を実施しています。学年ごとにテーマにしたがって準備を重ねて各地へ出かけていきます。日常の生活の場から距離をおき、じっくりとテーマに取り組む時間をもつこと、また同じ学年の仲間と食事を語らい宿泊を含む長い時間を共にすること、集団での活動をスムーズにするために工夫をしらり我慢をすること等々から生徒が“まなぶ”ことは少なくありません。協働することの難しさと楽しさを実際の体験としてもつことができます。

各学年の報告をご紹介いたします。

 

  • 中学1年生修養会

中1の修養会は、富士箱根ランドにて「出会い」をテーマに行いました。聖書クイズやイエスの生涯をモチーフにしたちぎり絵をクラス毎に作成、体育館にて大繩や2人3脚などのクラスマッチを行いました。

 

  • 中学2年生修養会

中学2年生は年間を通して行う「隣人愛プログラム」の一環として修養会を行いました。アプトの道や旧碓氷峠を散策し、「聲の形」という映画を見てグループ討論をしました。星野富弘さんについても学びました。

 

  • 高校1年生修養会

高1は、横浜指路教会にて開会礼拝を行い、そのまま横浜散策にてヘボン先生の足跡を辿り、明治学院やキリスト教への理解を深めました。2日目以降は、毎朝デボーションを通して聖書に親しみ、生徒の賛美チームによる賛美、クラスマッチやCFJカード作りを行いました。

 

  • 高校2年生研修旅行

高校2年生は、3泊4日の日程で、平戸・長崎へ研修旅行を行いました。あいにくの雨で、足元が悪い日もありましたが、世界文化遺産に登録するよう勧告された大浦天主堂、日本二十六聖人記念館や軍艦島など、事前に班で立てた計画にしたがって行動し、その地に自分の足で立つことで、キリスト教の歴史を学ぶことができました。また、長崎の宿舎では、被爆者の方の講話に心を打たれ、平和の尊さを改めて胸に刻みました。クラスの親睦も深まったことで、今後の成長の糧になる研修旅行となりました。

 

  • 高校3年生修養会

高3修養会は6月6日の開会礼拝から始まり、日本の多人種・多文化社会での国籍やアイデンティティを考える「HAFU」を鑑賞してから「私の好きな聖句」を選びました。翌日は箱根古道「湯坂道」の登山。班の仲間と励ましあい芦ノ湖のゴールを目指し、踏破後の温泉入浴を楽しんで1泊。翌日の閉会礼拝で無事に幕を閉じました。

 

一覧に戻る